レシピの「お気に入り登録」
の利用はこちら

レシピを探す

柿が赤くなると 医者が青くなる

2023/11/14

柿の実が熟す季節となりました。

 

 

そのままいただくだけでなく、
サラダや白和えなど
お料理にも大活躍の食材ですね。

 

 

秋から冬にかけて旬を迎える柿は
非常に栄養価の高い果物で、

 

 

「柿が赤くなると医者が青くなる」
昔から言われるほど。

 

 

 

柿の含まれるビタミンCは
みかんの約2倍!

 

 

柿1個で1日の摂取基準量(成人)を
ほぼ満たしてくれます。

 

 

 

その他、柿に多く含まれる
栄養と期待できる効果はこちら。

 

 

 

 

 

 

ただし、
食べ過ぎには注意が必要です。

 

 

柿の渋みの主成分(シブオール)が胃酸と反応し、
まわりの食物繊維などを巻き込んで石ができる
「柿胃石症」を発症してしまうことも。

 

 

腹痛、吐き気、食欲不振などの症状が生じたり、
悪化すると胃潰瘍や腸閉塞を引き起こしてしまいます。

 

 

1日1個(200g程度)を目安
旬の柿を楽しみましょう♩

 

 

 

生柿の美味しさはもちろん、

 

 

干し柿はまるでスイーツのように
凝縮された甘さですね!

 

 

干すことで栄養成分が凝縮されており、
生柿よりも効率よく栄養をとれるところが
うれしいポイント。

 

 

干し柿にすると、
βカロテンの量が約2~3倍、
食物繊維の量は約8倍にも!

 

 

※ビタミンCの摂取を目的にされる場合は
生でいただくことがおすすめです

 

 

 

 

年末に向けて徐々に気持ちも
慌ただしくなってきますが、

 

 

ゆっくり手仕事をする時間があると
心も満たされ、癒されます。

 

 

おやつにも最適な干し柿作りに
チャレンジしてみませんか?♡

 

顔写真

Kobayashimegumi

小林

Planner's profile

【得意な料理のジャンル】

脳科学的レシピ、自立型脳育料理アドバイザー


【活動拠点】

滋賀県(守山市、長浜市)


サイトはこちら

美容食レシピとは

美腸栄養学を軸に美容と健康に特化し、
インナービューティーSDGsに沿った環境にも優しい  
こだわりのレシピを紹介するサイトです。

レシピの「お気に入り登録」
の利用はこちら

公式SNS

 美容食専門家機関(社)日本インナービューティーダイエット協会
美容食の専門家IBP講座一覧

美容食レシピ 健康的に美しく、内側から綺麗な女性にー