レシピの「お気に入り登録」
の利用はこちら

レシピを探す

脇役なんて言わせない!美肌を叶えるパセリの栄養

2024/03/26

地中海沿岸を原産地とする

歴史あるハーブ パセリ

 

 

18世紀末 オランダ船により

長崎に持ち込まれ、

日本に広まったとされています。

 

 

パセリの漢名は

香芹(こうきん)

 

 

さわやかさと苦さを感じる

香りが特徴的な

セリ科の植物です。

 

 

年間を通して

流通している中でも

 

 

3月〜5月頃

9月〜11月頃は

旬の時期にあたり、

 

 

葉も柔らかく、

香りの良いものが

多く出まわります。

 

 

料理やお弁当の彩りとして

重宝されるパセリですが、

 

脇役として終わらせるのは

もったいないくらい

ビタミンやミネラルが豊富!

 

 

ビタミンACE

すべてそろっているため、

 

 

美肌効果が期待でき、

アンチエイジングにも繋がる

美容食材です。

 

 

カリウムや鉄も

含まれているので、

貧血の予防

むくみ対策としても

女性にとっては

うれしい食材ですね♡

 

 

パセリが持つ

独特のさわやかな香りは

 

 

アピオールという

精油成分によるもの。

 

さらに、パセリには

抗酸化作用や

デトックス作用のある

 

 

ポリフェノールの一種

「フラボノイド」が含まれており、

 

 

脳の健康に関連するという

報告もされています。

 

 

 

イライラや興奮など

神経系の過活動の

抑制効果もあるため、

 

 

精神を安定させる食材としての

効果も期待できます。

 

 

このように、美容も健康も

サポートしてくれるパセリ。

 

 

乾燥タイプだけでなく、

フレッシュなものでしか楽しめない

おいしさをぜひ味わいましょう♩

 

 

たくさん手に入ったときは、

パセリの茎の先が

コップに浸かるくらいの水を入れ、

 

 

ラップやビニール袋を被せて

乾燥を防ぐと、

新鮮な状態が長持ちします。

 

 

1ヶ月ほど保存したい場合は、

よく水気を拭き取った葉を

保存袋に入れて冷凍庫しましょう。

 

 

細かく刻んで

サラダや和え物に加えたり、

 

 

ペースト状にして

ソースにしたり、

 

 

これからは「飾り」の域を超えて

美容食材のひとつとして

たくさん活用してみてくださいね♡

顔写真

Kobayashimegumi

小林

Planner's profile

【得意な料理のジャンル】

脳科学的レシピ、自立型脳育料理アドバイザー


【活動拠点】

滋賀県(守山市、長浜市)


サイトはこちら

美容食レシピとは

美腸栄養学を軸に美容と健康に特化し、
インナービューティーSDGsに沿った環境にも優しい  
こだわりのレシピを紹介するサイトです。

レシピの「お気に入り登録」
の利用はこちら

公式SNS

 美容食専門家機関(社)日本インナービューティーダイエット協会
美容食の専門家IBP講座一覧

美容食レシピ 健康的に美しく、内側から綺麗な女性にー