レシピの「お気に入り登録」
の利用はこちら

レシピを探す

大根はまるごといただきましょう

2023/11/28

秋から冬にかけて

旬を迎える大根

 

寒い日の定番料理

おでんにも欠かせない食材ですね。

 

 

「二十日大根(ラディッシュ)

京野菜「聖護院大根」

神奈川県の「三浦大根」など

たくさんの種類がありますが、

 

葉に近い部分が淡い緑色をしている

青首大根が現在の主流です。

 

 

 

約95%が水分

できている大根。

 

 

体によい成分も

豊富に含まれています。

 

 

 

 

大根の辛味成分は

イソチオシアネート

いわれるものです。

 

 

上部より下部の方に

辛味を強く感じるのは

この成分が多く含まれているため。

 

 

体内の抗酸化酵素などを

活性化する作用があり、

動脈硬化やがん予防の効果が

期待されています。

 

 

効果的に摂取するには

生食がおすすめです。

 

 

さらに

大根をすりおろすことで

イソチオシアネートが活性化し

栄養効果がUPします。

 

 

ビタミンCも皮の部分には

中心部の約2倍含まれています。

 

 

ぜひ皮付きで使いましょう♩

 

葉っぱ付きの大根

見つけたらラッキー!

 

 

緑黄色野菜に分類される

大根の葉には

根にはない栄養

たくさんあります。

 

干すことで水分が抜け

甘み増した切干大根

 

 

生の大根にはない旨味成分を生成し、

栄養もぎゅぎゅっと凝縮されています。

 

インナービューティーダイエットに

欠かせない食材!

 

 

保存期間も長く、

サッと洗っただけで食べられる

栄養満点の万能食材です。

 

 

葉付きの大根は

葉の部分から水分が蒸発し、

根の部分が乾燥しやすくなります。

 

 

鮮度が落ちやすい葉っぱは

すぐにいただきましょう。

 

 

軽くウォータースチーム®︎をして

冷凍保存するのもおすすめです。

食材まるごと

栄養をいただいて

 

 

これからやってくる寒い季節も

元気に過ごしたいものですね♡

顔写真

Kobayashimegumi

小林

Planner's profile

【得意な料理のジャンル】

脳科学的レシピ、自立型脳育料理アドバイザー


【活動拠点】

滋賀県(守山市、長浜市)


サイトはこちら

美容食レシピ 健康的に美しく、内側から綺麗な女性にー